2010年01月05日

寒い冬をかっとばそ〜!! イメージングヨガ 【アメリカザリガニ!】

親愛なるみなさん、おかげんいかがですか?
五月んぐは、東北より舞いながら東京に戻りました。

寒い風が吹いてるけど、身体をあっためてこうね。(^^)
北風ピープーだと、ついつい猫背になったりして
顔も下向いちゃったりして
そうすると、さらに気分も寒く暗くなってしまうよね?

人って、姿勢や、表情や、イメージで、
あっという間に気分が変わるから

身体表現の一つとして、

楽しく簡単なイメージングヨガを
公開しちゃうゾ♪

気分転換に 気軽にやってみてね!(≡^∇^≡)
バカバカしくても やってみれば 楽し〜ぞ。


五月んぐのイメージングヨガ 【この動物!】→ アメリカザリガニ

◆ポーズの説明 

たくましく、この世界で生き残っていくために 
何があっても困難に打ち勝ち、ずうずうしくも
意気揚々と勇気を出して進んでいく気もちになるポーズ。

いつ? しょげそうになった時、でもやらなきゃいけなくて、勇気がほしいとき
難易度 ★★★★★


アメリカザリガニ 正面.jpg
アメリカザリガニ 後ろ.jpg

アメリカザリガニ 五月こっちが前.jpg 

●チョキはピースサイン!! しかもダブルで。
●人さし指と中指の間をピンと張って。
●世界にハロー!!とあいさつだ!!
●腕を伸ばして空高く上げる。
●チョッキンこの二つのツメで何か水草かワカメでもつかもうよ。

●脚は踏ん張って、腰を落としていき、
●膝の角度もできれば90度くらいまで曲げる。
●足先と膝の方向を同じにする。
●足の裏全体で、接着面を感じる。

アメリカザリガニ 横.jpg
アメリカザリガニ 五月横.jpg

●尾てい骨を内側に入れる感じで、首の後ろ側まで、背骨を伸ばすようにする。
●顔はアゴを引き正面に向ける。
●目は15度くらい斜め上を見据える。

◆注意
腰を反りすぎないように。
ゆっくり呼吸を3回するまで保ってみよう!

◆アフターポーズ

アメリカザリガニ アフター腰.jpg

●腰に優しいポーズをしよう。
●両膝を抱えて 顎を軽く引いて首の後ろは平らにすること。


◆有効なウオーミングアップ

アメリカザリガニ ビフォー 足首.jpg
足首の柔軟性・・・足首を回す。
         手の指と足の指を結んで。ゆっくりクルリクルリ。お風呂の中でするといいヨ!

※身体に合わせて行うこと!無理をしてけがしても、自己責任でお願いします。 絶対無理しないでネ!(*^o^*)


〜アメリカザリガニが日本に来た理由〜

今から80年ほど前、神奈川県岩瀬村(現在の鎌倉市)で
アメリカ産の食用ガエルを養殖していました。
その養殖場では食用ガエルに魚や蚕のサナギをエサにしていましたが、
食用ガエルはあまりこのエサを食べなかったので、
飼育員は直接アメリカまで食用ガエルの好みのエサを調べに行きました。

アメリカの食用ガエルの養殖場では、沼に棲む生きたザリガニをエサにしていました。
食用ガエルの好みのエサがわかった飼育員は、
さっそくニューオーリンズに行き、大きめのザリガニを100匹買いました。
しかし、当時は空輸ができなかったので船で運ぶしかなく、
輸送時間が1ヶ月もかかりました。
サンフランシスコの港で積み込まれた100匹の元気なザリガニは
かわいそうにも太平洋を渡る間に少しずつ死んでしまい
横浜に着いたときには20匹に減ってしまっていました。


それでもなんとか生き残った20匹のザリガニは
養殖場の小さい池に放されると、元気を取り戻しエサもよく食べ
脱皮を繰り返してどんどん大きくなりました。

翌年には池の中に小さいザリガニがちょいちょい歩き回るようになりました。

アメリカザリガニは実家から10,000kmも離れた日本の小さな池でも
特別な世話もされずにたくましく育っていたのでした。

食用ガエルの養殖場では、これらのザリガニをエサにして食用ガエルを育て始めましたが
数年後には食用ガエルが食べきれないほどザリガニは大繁殖してしまうのでした。


ザリガニの旅

ザリガニがアメリカから輸入されて数年後、池に大繁殖した頃
大雨によってザリガニの養殖池の水が溢れそうになったとき

水面から陸に上がり脱走するものもいました。
また、ザリガニの性質上池の土手に穴を掘り脱走するものや
生まれて間もない者は母親の腹脚と間違って
水鳥の脚の毛にしがみ付いて遠くへ行く者もいたと思われます。


そして、外へ出たザリガニは川を流れる藻や流木につかまって川下りをし岩瀬村の養殖場を中心に神奈川県一帯の田んぼや小川や用水路に棲みかを広げました。
ザリガニが増え始めると、これを捕まえて売り始める人も現れ
『アメリカで捕れた珍しいエビとカニの子だよ!!』と祭りや縁日で売り歩くようになりました。
最初は確かに珍しかったのでなかなか高価だったようですが
数年のうちに子どもの小遣いでも買えるくらいの価格になりました。
そうして、神奈川県以外の人が買っていったものが逃げ出したり飼いきれない者を捨てる人がいたのでしょう
いずれ東京や大阪の都会の真ん中の池でも、その他の県でも田んぼや小川でザリガニを見かけるようになります。

文章引用 http://pichipiyo.web.fc2.com/zarigani-toha.html 




posted by Satsuki Aoyagi at 23:53| 五月んぐのイメージングヨガ【この動物】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。